人力を超える機械

人間には限界がある

ディスペンサーの導入など行わなくてもよい。自分の手作業に誇りを持つ職人ほど、そう思うことは想像に難くありません。
もちろん、手作業が高いレベルで供給できる職人の存在は現場にとって貴重な財産です。ですが、人間には限界があるということも忘れてはいけません。
チューブを絞るその手は何時間も作業が続けば握力が失われていくことは間違いありませんし、24時間不眠不休で作業を行っては集中力や体力の限界がやってきます。
だからといって、交代しながら作業を行う場合には人によって作業品質が違うという問題も起こります。
それに対して、ディスペンサーを導入した場合はそういった人体の限界を超えることができるという点に注目することが大切です。
人間とは違って、ディスペンサーは機械です。機械だからこそ、与えられた作業をずっと安定した品質で行うことができます。しかも、それは24時間連続で稼働したとしても品質の低下を招きません。
安定性と持久力、そういった側面から考えた時にディスペンサーは業務を人間以上に高いレベルで行うことができる、工業の現場に欠かせないアプローチとして作業を行うことができる重要な製品だといえます。

人間を壊す不幸の連鎖

ディスペンサーを導入せずに人力で作業を行い続けるとどういうことが懸念されるか。
それを考えた時に、まずは従業員の健康被害が懸念されます。チューブの絞り過ぎで手元を壊す可能性や、溶剤などの匂いで体を壊すことも懸念されます。
また、液体が衣服について汚れることや、皮膚について炎症を起こす危険性も無視できません。
これらの問題によって作業人員が欠員するようなことがあれば、生産性が低下します。生産性が下がれば製品を供給することができなくなり、売上の減少につながります。
売上が下がれば必然的に経営が立ちいかなくなることも想像には難くないため、何よりも従業員を大切にすることは必ず意識するべきことです。
職人の技術に自信があるなら、オーダーメイド製品を作るなど違った形で活かせばよいです。
少なくとも、精密機器や工業製品を量産するための現場では、人間の作業にずっと頼るよりも、ディスペンサーで効率化を図るほうが間違いなく良い結果を生み出すと期待できます。