与えられる効果

生産コストの安定

ディスペンサーを導入することの大きな意味の一つに、接着剤や塗料などの吐出量が機械的に安定させられることで生産コストの安定を達成できるという魅力があります。
液状の材料を対象物に塗布するときには、手作業の段階で様々な方法が取り入れられています。グルーガンやチューブ、注射器上のシリンジ、また、場合によっては材料のボトルから直接刷毛や筆、爪楊枝などの道具によって塗布されることもあります。
これらの道具とディスペンサーを比較した時になぜ安定性の差が生まれるのか、それを考えた時に見えてくるのが、人間の作業はどこまで成長してもアナログだということと、機械は徹底的にデジタルな作業を行うことができるということです。
人間が手作業を行うときには、良くも悪くも塗りムラや吐出ムラが発生します。もちろん、そのムラを修正したり、素材に合わせて手法を使い分けたりするような繊細な作業を行うことができるという意味では人間の手作業に魅力はあります。
ただし、工芸製品ではなく工業製品を作るという現場においては、効率よく、安定して一定の水準の製品を、なるべく小さなコストで製造することが望まれます。
塗りムラの修正を行ったり、手元で微妙なコントロールを行って材料の吐出量を調整したりする作業は、この観点から見ればあまりにも非生産的です。また、余分に塗布された材料は無駄になり、不足した材料は不良品を産みます。
人間のアナログな作業の良さは大切ですが、量産を行うという意味では間違いなく、デジタルに作業を進められるディスペンサーに優位性があります。
作業者に負担をかけず、安定した液体材料吐出量で、効率のよい作業を進行できる。それが、ディスペンサーの魅力であり、生産性と品質向上、そして作業員の快適を生むという効果は非常に大きな意味を持ちます。
製造業の現場でより高い成果を求めるなら、間違いなくディスペンサーは必携の機器です。